高収入な仕事のランキングとは

HOME » 高額バイトランキング » 高収入な仕事のランキングとは

高収入な仕事のランキングとは

仕事選びをするとき、収入がどれくらいいくのかも大事ですよね。
高収入になりやすい仕事がいいなら、どんな仕事が有利なのでしょうか?
資格の必要性やその仕事への就きやすさなどはひとまず置いておき、専門職などもすべて含めて、とにかく収入の高さでランキングするとどうなるのか、年収額を基準にしたものでご紹介します。

1位はパイロットです。
航空会社に就職し、飛行機を操縦するあのパイロットですね。
大手の航空会社に就職すると収入はとにかく高く、年収は1500万円からとなります。
条件次第では2000万円を超えることもあります。
これだけ高収入となるのは、もちろんこれが難関となる専門職の1つだからですね。
自動車の運転免許ならほとんどの方が取得できますが、このパイロットの資格はごく一握りの方しか取得できません。
普通の自動車以上に操縦の責任も重く、とても大変な仕事ですから、収入もとても手厚い条件になっているんです。
最低限の収入でも1000万円を普通に超える水準で安定しますから、とにかく収入の高さならこの職業が1番です。

2位は医者です。
医療分野のスペシャリストで、病気やけがの診察と治療に当たるのが仕事ですね。
収入は年収1000万円からとなることが多いです。
大手の病院に勤めたり、自分の病院を開業したりと、働き方はさまざまあります。
場合によっては年収1000万円を大きく超える場合もあります。
責任が重い仕事になるだけに、子供のころから勉強漬けの毎日が必要になるなど、なるのがとても大変な仕事ですが、なれれば高収入を得やすい仕事です。

3位は大学教授です。
最高学府になる大学の中で、一番高い地位にある職業ですね。
年収は1000〜1200万円ほどになることが多いです。
大学生に授業をするのも仕事のうちですが、専門とする分野に関して最先端をいく研究者としての仕事がメインです。
学生に見えないところではひたすら研究しており、その成果を学会で発表するといった仕事を多くこなします。
その合間に授業をしたり、大学の一スタッフとしての仕事も行いますので、かなり多忙な仕事です。
それだけに教育関係の仕事の中でも、収入が特に高くなるんですね。

4位はテレビ関係者です。
テレビ番組の作成や放映に関わる仕事です。
年収は900万円からとなります。
テレビ番組にはスポンサーからの多額な広告料が投じられており、関係者の収入金額は他業種に比べて高くなることが多いです。
華やかな業界になることから人気も高く、常に高倍率の中での採用試験となりますから、なるのも大変です。
その代わりこの業界に入れれば非常に高収入を得やすくなりますよ。

5位は弁護士です。
士業と言われる仕事の1つですね。
年収は700万円からとなります。
裁判が起きたときの弁護人を務めたり、個人間や企業間での話し合いに関して代理人を務めたりと、揉め事を解決するのが仕事です。
その一環で法律に関する知識が必要です。
法律のプロの1人にあたる職業ですから、やはりなるのが大変な職業ですね。
なれればやはり高収入を得やすい仕事です。

6位の職業は2つあります。
税理士と会計士です。
年収は600万円からとなります。
税理士は税務の専門家、会計士は会計の専門家です。
会計ができないと税務をこなすのは非常に難しくなりますので、これら職業は近い部分もあります。
税理士と会計士、両方の資格を持っている専門家もいます。
難易度はどちらも似たようなものですが、強いて言えば会計士の方が難関です。
一度なれれば士業として仕事ができ、高収入を得やすくなります。

8位は公務員です。
国の仕事を行う職業ですね。
年収は500〜600万円からとなります。
これも専門職業の1つですが、まだ難易度が低い方です。
小さい頃から勉強漬けといった毎日を送らなくても、なれることのある職業ですね。
実際の年収は公務員の種類や立場によっても変わりますが、最低でも500万円ほどの年収は得られることが多いですよ。

9位は薬剤師です。
薬のスペシャリストですね。
年収は500万円前後です。
これも医療関係の職業ですが、医者と違うのは、患者を直接診断する機会は少ないことです。
仕事内容は主に処方箋に合わせた薬の調合と販売ですね。
あとは薬の使い方や副作用の説明といったものです。
症状を聞いて、向いている薬をオススメすることもあります。
医者とは違って実際に診察などは行いませんが、医療関係の仕事になりますので、かなり難関な職業となります。

10位はSEです。
システムを作る仕事ですね。
年収は400〜500万円です。
IT業界などが主な就職先となります。
顧客の希望に合わせてプログラムを組み、システムが稼働するように組み上げるのが仕事です。
専門職の1つですが、医療関係や士業ほどの難関職業ではありません。

年収の高さでランキングすると、以上のようになります。
ただし、実際の収入は各職業の求人にもよりますし、これ以外の職業では高収入を得られないわけではありません。
資格がいらず、アルバイトなどでできる仕事でも、条件次第では1000万円を超える収入を得られることもあります。
専門職になるのは難しいと思うときは、それら一般職やアルバイトの高収入ランキングなどもぜひチェックしてみてください。